時代と共に大きく変化していく勉強方法

>

時代と共に変わる勉強の仕方を知る

最近の授業での教材はタブレットで

最近の授業でパソコンだけではなくてタブレットを使って授業する学校が増えてきました。
タブレットを使って授業する意味として、黒板だけではカバーできない図に表したり画像を参考にして授業ができるので、説明もわかりやすく、子供たちの集中力もタブレットを使うことで長く持つという結果が出ています。
最近販売されている勉強机にも、タブレット置くスペースがあったり、コンセントを挿すところだけではなく USB の差し口もあったりと、時代に合った勉強机が売られています。
タブレット自体の設定にも目に優しい画質に出来るような切り替えがあったり様々な能が付いていたり、子供達にとっては勉強する上でタブレットの存在はどんどん必要不可欠な存在になるでしょう。

タブレットのデメリットを紹介します

授業でタブレットを使うデメリットとしては、些細なことのように見えますがこれは大きな問題とされています。
文字を書くということが圧倒的に昔に比べて減っているということです。
授業ではタブレットを使っているためノートにメモすることがかなり減り、資源のことを考えるととても良いことなのですが、タブレットにはスクリーンショットという機能が付いています。
?わざわざ自分でノートにまとめるよりも、大切なことが分かりやすく書いている画面をそのまま保存しておくことができるので、わざわざノートを取る必要がなくなってきているのです。
手紙で人とやり取りすることが減ってきている今、書くという必要性が見失っているというのも事実なのです。


TOPへ戻る